世界保健機関(WHO)は、世界人口の10%が精神疾患に苦しんでいると推定しており、スペインでは人口の15%以上が一生を通じて何らかの種類の精神障害を患うと予想されています。

現在スペインでは深刻な精神障害が増加していますが、世界保健機関(WHO)によると、不安や鬱病などの一般的な障害は、2020年に各国で働く援助の不足の主な原因となるでしょう世界で2番目に頻度の高い病気です。

精神障害は、幸福と生活の質の喪失、依存、社会的孤立、他の関連する病状の発症、および自殺による死亡率の増加の重要な原因です。自殺の90%以上が精神障害に関連しています、そして、国立統計研究所(INE)からのデータは2008年に自殺がスペインで不自然な死の最初の原因であることを明らかにします、合計3,421人が死亡しました。

自殺による死亡者数を減らすために、スペイン精神医学会(SEP)、スペイン生物学精神医学会(SEPB)、およびスペイン精神医学・精神保健財団(FEPSM)が、自殺行為を防止し管理する。

JoséGinerによると、スペイン精神精神保健財団(FEPSM)の会長は、ある種の精神障害を患っている患者は感染症にかかりやすく、内分泌、心臓、呼吸器疾患を発症する可能性が高いと述べています。時期尚早に死亡するリスクが高い。したがって、精神障害のある患者にも優れた身体的健康管理を確実に受けさせるために、精神科がプライマリケアなどの他の専門医療と連携して機能することが不可欠です。