大気汚染 それは殺され、そして推定されていた以上に、ヨーロッパだけで毎年79万人が環境汚染のために時期尚早に死に、人口を考慮に入れるとその数字は880万人に上がるので地球全体のこれらの驚くべきデータは、ドイツの科学者によって行われた研究で得られました。 ヨーロピアンハートジャーナル.

調査によると、現在のところ 大気質の悪さによる死亡 世界では、それらは数年前に推定されたものの2倍であり、予想された4.55万と比較して880万 - アフリカ、アジアおよび中東でより深刻な問題である。欧州連合の場合、これらの死亡の40%から80%が心筋梗塞や脳卒中などの心血管疾患によって引き起こされています。

微粒子は心血管疾患を引き起こす

この研究の著者らは 微粒子への暴露 直径が2.5 µm未満(PM2.5)、これは呼吸器系および心血管系の問題、およびオゾンの原因です。欧州連合における年間のこれらの粒子数の上限は、25μg/ mです。310μg/ mの濃度の2.5倍3 これは世界保健機関(WHO)によって推奨されるものとして確立されており、その後にカナダ、オーストラリア、米国などの国々が続いています。

そして私たちが吸う汚染された空気は体の血管を傷つけ、それは 酸化ストレス。これは、次に、脳卒中に加えて、血圧および心不全または糖尿病を発症する危険性を増加させ、そしてこれらすべては健康を深刻に危うくする。

私たちが吸う汚染された空気は体の血管を傷つけます

データをより徹底的に分析すると、私たちは、環境汚染が世界中で10万人の住民あたり年間120人の追加の死者を出していることを発見しました。特にヨーロッパでは、10万人あたり133人が死亡しています。しかし、これらの死亡者数はすべての加盟国で同じではなく、英国では10万人の住民あたり98人以上の死亡者数がありますが、フランスでは105、136、イタリアで150、ドイツで154です。最も高い発生率は、クロアチア、ブルガリア、ウクライナ、ルーマニアが200人を超えるヨーロッパ東部です。 追加の.

この不等式の理由は、マックスプランク研究所のJos Lelieveld氏とこの研究の共著者によって説明されています。これは、これは空気の質によるものではないが、ほぼ同じですが、その国の健康システムの進歩のレベル、そして東ではそれはヨーロッパの西でよりも不十分です。

880 Fall into the Safety of God, Multi-subtitles (10月 2019).