サンティアゴ大学病院健康研究所(CHUS)の臨床神経科学研究所のスペイン人研究者は、動物モデル(マウス)におけるリボフラビン(ビタミンB2)による治療は、血中グルタミン酸の減少を引き起こすことを示しました。サイズの大幅な縮小 脳卒中.

本研究の目的は、「虚血性脳卒中における血中のグルタミン酸捕捉の臨床的検証」と呼ばれ、そして 神経学の年鑑脳卒中にかかった人が病院に到着する前でも使用できる新しい治療法の選択肢を発見することでした。つまり、ヘルスセンターでの治療や救急車による移動中に治療を適用することが可能だったということです。

脳卒中後の最初の数時間で患者を治療することは、後遺症を予防するのに重要です

脳卒中の後遺症を防ぐためにグルタミン酸を遮断する

脳卒中の原因となる神経細胞障害に関連する化合物であるグルタミン酸塩をブロックすることに基づく新しい治療戦略は、50人の患者を含む臨床試験でテストされました。研究者らは、それが非常に小さいサンプルであることを認めているが、グルタミン酸塩は、対照として作用したものと比較して処置群において有意に減少したので、それはそれが新しい代替処置になり得ると考える。

現在使用されている治療法は患者の約20%にしか効果がなく、一般的に行われているため、科学者のチームは脳卒中による神経損傷を軽減することができる薬を見つけるために何年も研究しています脳卒中後遺症は、攻撃後最初の数時間以内に患部を治療することによってのみ回避することができました。

「自己免疫性神経筋疾患の最新治療」山口大学医学部附属病院脳神経内科 神田隆 教授 (10月 2019).