世界中で皮膚または筋骨格系感染症の50例が鍼治療を受けた人々で検出されています。 B型肝炎ウイルスに感染した患者の80例が鍼治療の使用と関連しています。

香港大学の微生物学科からの科学者のグループは、ジャーナルに掲載された論説で、鍼治療の使用による微生物感染症を発症する危険性について警告します ブリティッシュメディカルジャーナル。彼らは、皮膚の下に数センチメートル侵入することによって、針が人体の感染症を接種し、そしてある患者から別の患者にそれらを感染させることができることを証明しました。

この記事の教授であり著者であるPatrick Wooは、新しい臨床的症候群である鍼マイクロバクテリア症について話すことができ、その主な原因はマイコバクテリアの急速な成長であると指摘しています。

ウー教授のチームは、さまざまな調査を分析した結果、鍼治療のセッションを受けた後、世界中で皮膚感染症または筋骨格感染症を患った人々の約50人が死亡し、5〜10%が死亡した。同様の割合が壊死性筋膜炎、対麻痺および様々な臓器不全などの深刻な後遺症の影響を受けた。

微生物感染症に加えて、研究者は、鍼治療に使用される針が適切に滅菌されていなかったために、ほとんどの場合、感染していた約80人の患者を検出しました。

これらの事件を防ぐために、ウー教授は使い捨ての針の使用を勧め、鍼治療のセッションが行われる場所でも全ての材料の維持においても、患者の皮膚を消毒し、適切な無菌状態を維持します。このテクニックに必要です。より厳格な法律を制定するとともに、専門家を認定するためにより大きな要件を要求する。

イボを永遠に取り除く10の方法 (10月 2019).