スペインでは、毎年16,000人以上が死亡しています。 汚染された空気を吸い込むスペインの呼吸器外科および呼吸器外科学会(SEPAR)の呼吸器疾患および環境分野の専門家によると、交通事故で死亡した人の8倍以上である。

世界保健機関(WHO)によると、大気汚染に関連した死亡の半分は、運輸および工業部門からのガスの結果として先進国で発生しています。特にスペインでは、人口の35%が汚染された空気を吸い、SEPARから、私たちの国では大気汚染を減らすことが急務であると主張しています。心血管疾患やがんなど。

都市交通は、産業界をはるかに超える公害の主な原因です。窒素と酸素をさまざまな割合で含む、非常に反応性の高いガスのグループを含む総称である、いわゆるNOxを生成するからです。

スペインは、英国の背後にあるヨーロッパでのNOx汚染物質の排出で2番目にランクされています、そしてSEPARの呼吸器疾患と環境の地域のコーディネーターによると、NOxを吸い込むことは気道と気道のより深い範囲に影響します。肺、そしてその機能の一部を阻害します。

限度を超える汚染

環境省によると、2001年の指令で、ブリュッセルは、スペインが達成できない2010年の汚染限度を設定しています。気候変動のための国務長官、テレサリベラは、この失敗は何よりも、ディーゼルエンジンを使用する多数の自動車(CO2の排出量は少ないがそれらはより多くのNOxと他の有毒な元素を作り出す)。

2008年に、スペインは12億3600万トンのNOxを排出し、2010年に設定された限度を46%上回っています。年末に揮発性有機化合物と10%アンモニア

SEPARによれば、欧州連合のスペイン議長国の間に産業排出指令の承認が促進されることは「極めて重要」であり、これは - マルティネス博士の意見では - 現在利用可能な技術をスペインの産業部門に使用させる他のヨーロッパ諸国ですでに起こっているように、人々の健康を守り、より清潔でより持続可能な産業に貢献するであろう排出量の削減を目指して、環境保護のために。

介護施設で働いてる私。弁護士「Mさんと言う方をご存知ですか」私「亡くなった時に私はその場にいましたが」 衝撃の事実が発覚 衝撃的な話 (10月 2019).