スペインでは、2016年に、ほぼ11,500人の死亡がアルコール摂取に関連していました。例を挙げれば、まるでラレド(カンタブリア)の住民が皆姿を消したかのようです。そして世界の数字をとると、マドリッド市の全人口が蒸発したと想像してください。 300万人以上。これは、2016年に世界中で命を失った個人の数です。 アルコールのせい、世界保健機関(WHO)によって公表された報告によれば、 アルコールと健康に関する世界的状況報告2018 つまり、世界で起こる死亡の5%はアルコールによるものです。 20人に1人。また、23億人がアルコールを飲むと推定されています。それはアメリカ、ヨーロッパそして西太平洋の全人口の半分以上を占めています。

アルコールはそれを服用する人々、それを引き起こす人々に病気を引き起こすだけでなく、実際にそれは200以上の病気や障害の要因です。また、その消費の背後には、交通事故、暴力行為、自殺、行動上の問題を引き起こすための付随的な犠牲者がいます。

すべてのアルコールに起因する死亡のうち、大部分は交通事故、癌、肝硬変または心血管疾患が原因です。

すべての アルコール飲料に起因しうる死亡28%が交通事故、自傷行為、暴力などの怪我によるものでした。消化器系疾患に対して21%、心血管疾患に対して19%。残りは感染症、癌、精神障害に起因します。

2010年以降、アルコールに関連した死亡者数がわずかに減少しているのは事実ですが、それでも、ヨーロッパやアメリカでは、特にWHOによれば、それでも過剰なままです。世界中では、2億3,700万人の男性と4千6百万人の女性が霊の摂取により何らかの病気にかかっていると推定されています。最も高い有病率はヨーロッパで発生しています:男性の14.8%と女性の3.5%。ヨーロッパの人々は、2010年よりも今日の飲酒量が10%減っていますが、世界で一人当たりの消費量が最も多いのは2016年の9.8リットルです。頭には1人当たり15リットルのリトアニアがあります。

スペインにおけるアルコール消費の状況

スペインでは、この数字はヨーロッパの平均を超えています。この調査によると、2016年の15年間にわたるスペイン人のアルコールの一人当たりの消費量は、年間10リットルになりました。 2010年には10.5リットルでした。

男性は女性より4倍多く摂取し、スペインで好まれる物質の種類は ビール (54%)、18%がワイン、28%が蒸留飲料を選んでいます。報告書はまた、2016年に、15歳以上のスペインの全人口の25.6%が酔っぱらいのエピソードを持っていたことを指摘しています(WHOにとっては、1度に少なくとも60 g以上の純粋なアルコールの摂取を意味します)男性41.3%、女性10.7%。 15〜19歳の飲酒者のみを尋ねると、この数字は49.5%になります。

死亡数に関しては、2016年にアルコール摂取に関連した肝硬変により3,621人が死亡し、590人がアルコール過剰摂取に関連した交通事故で命を落とし、7,264人の癌患者が罹患したために死亡した。 15歳以上の男性の1.2%がアルコール依存症に罹患し、女性の2.2%が罹患していると推定されています。ヨーロッパでは、この数字は3.7%です。

レポートのWHOは、このデータをダウンロードする方法についてもアドバイスを提供しています。彼はアルコール飲料の商品化を規制すること、特に未成年者への販売および広告に関する強制的な規制の制定が必要であると考えています。彼はまたそれを考慮します 税金で価格を上げる それは消費を減らすための最も効果的な行動です。スペインでは、これらの料金はビールや蒸留飲料には適用されますが、ワインには適用されません。

【予想外】コカコーラクリアを飲んだ後だとアルコール検知器が反応する? (10月 2019).