バルセロナのHospitalClínicとIdibaps(Institute of Biomedical Research、August Pi i Sunyer)の研究者が行った研究によると、生殖補助技術のおかげで生まれた赤ちゃんは小児期に心血管系のリスクが高くなる可能性があります。

ジャーナルに掲載されている研究の結果によると、 循環この種の技術を用いて考えられた胎児は、糖尿病または重度の肥満を患っている子供たちによって提示されたものと同様に心臓および動脈の変化を経験し、そしてこれらの変化は出生後も残る。

心血管リスクの増加は、両親の不妊または妊娠中の合併症に関連する要因の結果として起こり得る

研究者達は、人工的に考えられていた研究中の胎児の動脈壁が通常よりも厚かったこと、そして血液がもっと圧力をかけていることを確かめるために超音波を使った。正常に機能することができる状況。

しかし、研究を指揮したEduardGratacósが説明したように、心血管リスクの増加は生殖補助技術によるものではなく、両親の不妊に関連する要因の結果として起こる可能性があります。妊娠合併症が発生しているため。

この研究の著者らは、成人になったときに心血管疾患を発症する危険性がより高いと考えられる胎児である超音波による予測を可能にするアルゴリズムも開発しました。この点で、これらの専門家は危険因子は病気にかかっているのと同じではないと指摘しました、そしてそれが予防が基本である理由です。このように、彼らは最近の研究が、食事がオメガ-3脂肪酸に富んでいる生殖補助を通して考えられた子供たちが危険因子を有意に逆転させたことを示したことを強調しました。

細胞強化のパワー源コエンザイムQ10~心臓強化、免疫力強化、美肌づくり、ダイエットに (10月 2019).