アメリカのミシガン大学による研究がジャーナルに掲載されました バイオケミストリージャーナル、 バナナに存在する天然物質であるレクチン(BenLec)が治療に使用される2つの薬と同じくらいHIVに対して有効であることを明らかにしました。

レクチンは、糖に結合し、ウイルスなどの外部病原体を識別し、そしてこれらの侵入物に結合する能力を有するタンパク質である。この研究の著者らは、バナナのレクチンであるBenLecが、糖を含むHIV-1-gp120-のタンパク質を結合させ、それが体内に侵入するのを防ぐことによって、AIDSウイルスによる感染を抑制できることを見出しました。

バナナからBenLecを入手する方法を開発した後、科学者たちはその抗HIV効果が現在病気の治療に使われている2つの薬、T-20とマラビロックのそれに似ていることを発見しました。

この研究のディレクター、マイケル・D・スワンソンは、HIVウイルスは突然変異し、それを戦うのに使われた薬に抵抗するようになることができると説明します。しかし、レクチンを使用するとこれがより複雑になります。レクチンは、HIVエンベロープのさまざまな領域の糖に結合するため、ウイルスがそれらを回避するために多数の変異を起こさせるからです。

現在、Swansonと彼のチームはBenLecを修正して臨床現場での使用の可能性を向上させる方法を開発するつもりです。この物質がHIV治療に使用されるようになるのは何年もかかるかもしれませんが、研究者らは単独でも他の薬との併用でも有用であると考え、BenLecを用いると治療はより安くそして予防効果があると指摘もっと広い。

修羅場な体験 隣人「あんたら一家のせいでHIVに感染した!賠償金を払え!」母「はぁ!?」隣人「お宅から貰った物が原因だよ!」→結果…【スカッとブレイク】 (10月 2019).