の影響 予防接種キャンペーン そして、20年前に出版され、その後撤回された作品のこの効果的な疾病予防方法への悪影響は、MMRワクチン(麻疹、おたふく風邪、風疹)の投与が小児期に大きく関連しを発症するリスク 自閉症スペクトラム障害(ASD)新しい研究によると、自閉症と診断された子供と彼らのより若い兄弟にワクチンをより少なくする傾向に翻訳されました。

Andrew Wakefieldによって実施されたワクチンの安全性と有効性を疑問視した研究は1998年に出版されました。 ランセットそしてこの著名な科学雑誌は撤退しましたが、その影響は今日まで続いているようです。 自閉症を患っている子供の予防接種率は著しく低い そして、一般の幼児人口と比較して彼のより若い兄弟で。

研究者らは、5歳までにASDと診断された3,700人の子供、およびこれらの疾患に罹患していない50万人の子供、ならびに両グループのより若い兄弟を分析した。彼らは、ASDを持っていないグループの7年以上を持っていた子供たちの94%がASDを持っていた子供たちの82%と比較して、すべての推奨ワクチンを受けたことを観察しました。 MMRの場合、前者の96%が予防接種を受けましたが、ASDの子供の84%が予防接種を受けました。

7歳以上でASDを受けていない小児の94%が、ASDを患った子供の82%に対して、推奨ワクチンをすべて接種していました

自閉症児の兄弟姉妹間の低い予防接種率

結果はまた、健康な子供のより若い兄弟と比較してASDと診断された子供よりも若い兄弟の間で推奨されるワクチンの低い割合を示しました。したがって、1歳未満の乳児に推奨されるワクチンの場合、予防接種は、他のグループの85%と比較して、年長の兄弟がASDを患っている小児の73%でのみ完了しました。

米国疾病管理予防センター(CDC)の予防接種安全局のFrank DeStefanoは、この研究に資金を提供した機関であるが、 科学的証拠 小児期ワクチンと自閉症スペクトラム障害の発生率との間に関連性がないことを保証することを保証するために、新しい研究は自閉症と彼らのより若い兄弟の多くがこれらのグループで予防接種率を上げて、これらの薬で予防できる病気から適切に予防します。

【乳幼児健診 子ども】 ~診断名告知を避けた方がいい場合~ 0185 (10月 2019).