患者の51% 閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS) - あなたが寝ている間に気道の崩壊を引き起こす病気 - もまた現れます 勃起不全これは、呼吸器病医学ネットワーク研究センター(CIBERES)とともに、リェイダ生物医学研究所の呼吸医学トランスレーショナルリサーチグループ(TRRM)によって実施された研究からのデータによるとである。

得られた結果はジャーナルに掲載されました PLoS One 中等度から重度の睡眠時無呼吸、および2013年から2016年までの18歳から70歳までの150人の患者を分析した後、著者らは2人に1人が勃起不全を持っていたことを観察した、 性的問題 これは30〜70歳の男性の20%が罹患していると推定されているが、その罹患率はOSAS患者の間ではるかに高いため、両方の健康問題の関係が強化されている。 。

30〜70歳の男性の20%が勃起不全に罹患していると推定されており、これは睡眠時無呼吸患者の間で増加している

CPAPによる治療は性的満足度を改善する

調査の第2段階では、睡眠時無呼吸や勃起不全を患っていた75人の患者が選択され、そのうちの半分は3か月間治療を受けました。 持続的気道陽圧法(CPAP)残りは対照群を構成したが、勃起不全に対するこの療法の効果を検証するために。

治療された患者は、彼らが彼らの彼らの重要な改善を経験したと述べました 性的満足一方、残りは性的関係を維持するために問題を抱え続けた。しかし、この研究の著者の一人であるManuelSánchezは、このタイプの治療は患者の心理的、生化学的またはホルモン的プロファイルに何の影響も及ぼさないと説明し、CPAPが治療として有効であると結論付けることはできない。無呼吸患者における勃起不全の独占。