を減らす 肉の消費 約30%は、推奨されるよりも頻繁に食事にこの食品を含む人々の健康を改善することに加えて、CO2排出量(二酸化炭素)の削減に貢献するため、環境に有益であると考えられます。

に発表された研究の結果 ランセット 現在の化石燃料(石油、石炭、天然ガス)への依存度を減らしても、大気へのCO2排出量を最小限に抑えるにはこの方法では不十分であると彼らは警告しています。

一方、これに加えて、畜産業と食肉製品の消費量の約3分の1の削減であれば、人口の健康は改善され、排出量は削減されるでしょう。

FAO(国連食糧農業機関)から得られたデータは、食肉生産が温室効果ガス排出の約18%を占めていることを示しています。

科学者達は、肉の生産と消費の制限から最大の利益を得るための世界的な戦略を確立することが不可欠であり、そして現在気候的利益が最も高い生産レベルの国で得られると説明します。

遺伝子組み換え作物は世界一のセールスマン! (10月 2019).