として 犬の それは外部の臓器なので、その変化を認識するのは簡単です。困難は 診断 正確な 犬の皮膚病なぜなら、これらの病気は徴候や症状を共有しており、互いに混同される可能性があるからです。このため、獣医師の協議の最初のステップは、についての情報を集めることです。 症状 と怪我 私たちのマスコットでは、現時点では そう痒 (かゆみ)、犬の習慣は何ですか(摂食、生息地)、 結露した 正しく、そして私達が私達の皮の同じような傷害を観察したとしても、それは感染性または寄生性のプロセスを示しているかもしれません。

犬の皮膚外傷とその関連疾患

犬の皮膚科学的問題に見られる病気の徴候や症状には、具体的な名前が付けられています。これらは主なものです:

  • かゆみ: かゆみと同義であり、アレルギー性皮膚疾患または膿皮症などの感染症で典型的には、犬がそれを軽減するために引っ掻くように誘導する。 マラセジアまたは中耳炎。
  • 脱毛症: 内分泌性皮膚疾患(甲状腺機能低下症、クッシング症候群)のように、引っかき傷や毛包の成長サイクルの失敗に起因する脱毛です。
  • 紅斑: それは、皮膚の発赤、炎症の徴候、アレルギー性皮膚疾患に頻繁に見られ、感染性または寄生虫性です。
  • 丘疹 彼らは肌の小さな丸みを帯びた高さです。それらは、疥癬などのアレルギー性または寄生性皮膚病に現れます。
  • 膿疱: 丘疹に似ていますが、化膿性の内容で、膿皮症や細菌性毛嚢炎に典型的です。
  • かさぶた: それらは、創傷治癒または角質化障害に起因する表在性硬化鱗屑です。それらは、天疱瘡などのアレルギー性および免疫媒介性の皮膚病、さらにはリーシュマニア症などの寄生虫症でも視覚化することができる。
  • 結節と腫瘤: それらは丸みを帯びているか、平らにされているか、皮膚の上またはその下にあります。通常、真菌感染症や新生物に見られます。
  • びらんや潰瘍: 皮膚が破壊され、より深い層が露出している部分。通常は痛みを伴い、滲出性があります。

皮膚疾患または犬の皮膚病の診断

データ収集と皮膚科病変を探しての犬の探索の後、次のステップはの実現です テスト 犬の皮膚病の診断を導きそして確認するため:

  • 皮膚細胞診: それは、微細針穿刺(PAF)または並置を使用して、病変の少量のサンプルを採取することからなる。それを固定し、染色し、そして顕微鏡下で観察して炎症性または腫瘍細胞、細菌、真菌または寄生虫を可視化する。
  • 皮膚掻き取り: 皮膚のサンプルをメスの助けを借りて採取し、次いで顕微鏡下で観察する。この技術によって、いくつかのマダニが診断され得る。
  • トリコグラフィー 構造的異常(異形成)、または真菌性皮膚糸状菌または疥癬ダニの存在を検出するために完全な毛包を引き出すことからなる。
  • 文化とアンチバイオグラム: 細菌感染症または真菌感染症の場合は、病原体を特定し、それを排除するための最も適切な薬物を選択するためにサンプルが検査室に送られます。
  • 生検: それは顕微鏡でそれを研究するためにそのすべての拡張で皮膚のサンプルの採取です。新生物の診断に不可欠です。
  • 抗体の検出と皮内反応: 一般に「アレルギーテスト」として知られており、アレルゲンに対する反応を検出します。

【愛犬のための知識】犬の膵炎について【犬を知る】 (10月 2019).