肺がんは通常、進行期に検出される疾患です。そのため、5年間の診断を経てもまだ生存しているのは患者の約10%にすぎません。しかし、低放射線の胸部CTでは、85%の症例で、まだ初期段階にある腫瘍の存在を検出することができます。

最初の国際的な公式ガイドは、肺がんを発症するリスクが高い人々のスクリーニング検査として胸部CTを使用することを推奨しています。毎年、この新生物が原因で世界中で百万人以上の人々が死亡すると推定されているので、これは多くの命を救うことができる。

低放射線の胸部CTでは、85%の症例で、腫瘍の存在を検出することができます(まだ初期段階にある場合)。

New England Journal of Medicineが発表した、53,000人以上の喫煙者を対象とした研究では、従来の胸部X線撮影と比較して低線量胸部CTの有効性が実証され、この試験のおかげで死亡を減らすことができました肺がん20%。

低放射線CTは高価であるため私立センターで主に行われます、しかしそれがまだ簡単に治癒することができるとき肺癌を診断することの費用便益が考慮に入れられるならば、病気は進行した段階では治療に大きな費用がかかります - 初期段階よりも費用がかかります - 治療をしても5年前にほとんどの患者が死亡するため、これも効果がありません。

肺がん~早期発見・早期治療が決め手~ (十一月 2019).