2017年には、約630万人 15歳未満の子供は世界で死亡した ユニセフ、世界保健機関(WHO)、国連人口部および世界銀行グループが発表した乳児死亡率に関する最新の報告によると、ほとんどの場合予防可能な理由で。 5歳未満の子供が最も脆弱です。

他の原因の中でも特に出産、肺炎、下痢、新生児敗血症およびマラリアの合併症は、まだ5年を完了していない550万人の子供の死を引き起こしました。生後1ヶ月で250万人の子供、生後1年で160万人、1〜4年間で140万人が死亡しました。 5歳以上および15歳以下の青年では、頻繁な死の原因の中には、溺死と交通事故があり、どちらも予見可能なものであり、少なくとも誰かが行動を起こすことができるものです。

乳児の死亡の大部分は、分娩手当の改善や医薬品や飲料水へのアクセスの改善などの簡単な衛生対策によって回避できます。

過去20年間に、子供と青年の死亡率が大幅に減少しているのは事実です。 2000年以降、1歳から4歳までの子供の死亡率は60%、新生児(生後1ヶ月目)の死亡率は41%、1歳から11ヶ月の子供の死亡率は51%減少しました。しかし、これらの前向きなデータにもかかわらず、報告書は次のように推定している。 2030年には5歳未満の5,600万人の子供たちが命を落とします。 それらの半分は新生児です。特にワクチン、電気、飲料水、医薬品へのアクセスなどの簡単な方法で多くの死を回避できることを考慮すると、それらはまだ多すぎます。

出生地による乳児死亡率の違い

地理を考慮すると、子供にとって最も危険な地域はサハラ以南のアフリカです。 2017年に発生した5歳未満の全死亡の半数がこの地域で、さらに30%が南アジアで発生しました。世界のこれら2つの地域で生まれた子供は、高所得国で生まれた赤ちゃんよりも人生の最初の1ヶ月で命を失う可能性が9倍高くなります。サハラ以南のアフリカでは、13人に1人の子供が5歳までに死亡するのに対して、高所得国では185人に1人の子供が死亡し、オーストラリアやニュージーランドの20倍にもなります。サハラ以南のアフリカで発生する1000人の子供のうち、76人が死亡し、ヨーロッパでは5人が死亡している。乳児死亡率が最も高いすべての国のうち、6つがこのアフリカ地域に属しています。

しかし、農村部の子どもたちは都市部の子どもたちよりも50%高い死亡率を持つなど、国自体の間にも違いがあります。そして、同じことが研究のない母親の子供たちにも言えます。

映画『東京喰種 トーキョーグール』特別予告映像 (10月 2019).