の5〜20% 妊娠している 彼らは苦しむ 周産期うつ病、妊娠の最初の月と出産後最初の1年の間に発生する情動障害として説明されています。マドリード工科大学(UPM)およびトレホン大学病院の研究チームが、その影響を明らかにするための研究を実施しました。 身体運動 妊娠中にこの問題の発症と闘うために。

このために彼らは無作為化試験を実施しました - その結果は スポーツ医学ブリティッシュジャーナル - 妊娠中の女性124人が参加し、そのうち70人が運動クラスに参加しました。 適度な強度 週3日、1セッションあたり60分の期間で専門家によって監督され、残りの54人はいかなる指示にも従うべきではない対照群を構成した。

妊娠38週目に、運動していない妊婦の35.6%が鬱病で、運動していた妊婦の18.6%に減少しました。

産後うつ病は運動によりほぼ半分減少する

得られた結果は、身体運動が周産期うつ病を患う危険性を40%以上減少させることを示した。具体的には、クラスに参加したことのある女性の18.6%が妊娠38週目にうつ病を患っていたのに対し、対照グループの女性の35.6%がそれを観察しました。これらの数字は、出産後6週間でそれぞれ14.5%と29.8%に減少しました(産後うつ病)。

この研究の主著者であるMarina Vargas Terronesは、この研究は母親だけでなく赤ちゃんにとっても身体運動の大きな利点を科学的に証明していると述べました。さらに、これらの利点は生理学的分野を超えており、可能性を防止するためのツールとして使用されるべきであると説明しています 感情の変化 妊娠中に起こる 生れ そして 産後、健康に深刻な影響を与える可能性がある情緒不安定の期間。