マドリード工科大学による調査によると、そこには正常な妊娠をしている508人の健康な女性が参加していました、それはのプログラムを実行することを明らかにしました 有酸素運動 妊娠中程度で、週に3回の頻度で、中程度の強度の の期間を減らす 生れしかし、硬膜外麻酔を使用する必要があるだろうというオッズも。

参加者は妊娠9週から11週の間に2つのグループに分けられました。そのうちの1人は指示された周期性で監視された有酸素運動ルーチンを実行する255人の女性から成っていたが、他の253人の妊娠中の女性は運動を練習しないであろう対照群を構成していた。

運動しなかった妊娠中の女性はより大きな赤ちゃんを産みました

研究を行うために、著者らは分娩の各段階の期間、妊娠中に女性が得た体重、出生時の赤ちゃんの体重、硬膜外麻酔を使用したかどうかなど、さまざまな側面を考慮しました。 。

有酸素運動は出生プロセスを改善しました

研究者らは、妊娠中に運動した女性では分娩の最初の段階がより短く、そして最初の2つの段階の合計時間もより短いことを発見しました。さらに、彼らは彼らが持っていたことを観察した 鎮痛を必要とする可能性が低いそして運動しなかった参加者はより大きな赤ちゃんを産んだ。

この研究の結果は他の研究の結果に加えてあり、運動を実践する妊娠中の女性は妊娠高血圧、太り過ぎや胎児の巨人児などの合併症のリスクが低いこと、あるいは出産が帝王切開によることなどの利点を示しています。ただし、妊娠中に各女性にとってどのような種類の身体活動が最も都合がよいかについて医師に相談し、彼女と胎児の両方の健康上の問題を防ぐことが重要です。

【安産】知っておくべき!妊娠中の運動4選!プレママさん必見です (10月 2019).