CDC(疾病管理予防センター)は、 食品の照射 危険性が高いと、米国では毎年最大100万件の食品媒介疾患を予防することができます。

ウィスコンシン大学医学部教授のMakin博士は、昨年、サルモネラ症がいくつか発生した米国で発生する食物感染の数を減らすためのいくつかの提案を始めました。何千人もの人々に影響を与えました。

過去半世紀の間の食料生産の変化は、食中毒のリスクと複雑さの増大と関係があります。現在、米国では、国内レベルで消費されているほとんどすべての食品が工業規模で栽培され、加工されています。そしてそれはますます輸入されているので、地元で栽培または生産される食品はほとんどありません。さらに、アメリカ人は家から遠く離れて食べます、そして食中毒の危険はレストランで準備された食物が消費されるときかなり高いです。

食物の栄養価を損なうことなく、あるいはそれらを有毒にすることなく、照射が病原体を殺すか、あるいはその存在を減らすことを研究は示しています

Makin博士にとって、食料生産と加工(輸入を含む)の管理のためのより効果的なプログラムが必要です。それを達成するために必要な資源は連邦政府がそれ自身をコミットするときに来るので、彼はそれ以来、食品医薬品局(FDA)と農業省のような州機関の食料生産者と加工業者の検査と同様に検査する。

食物の栄養価を損なうことなく、あるいはそれらを有毒にすることなく、放射線照射が病原体を殺すか、あるいはその存在を減少させることが研究によって示されている。そのため、この手順は世界保健機関(WHO)によって承認されている米農務省、米国協会、欧州委員会および食品科学委員会。米国では、1997年以来、新鮮な肉の照射が許可されており、2008年8月にFDAはほうれん草とアイスバーグレタスの照射を承認しました。

Makin博士からのもう一つのアドバイスは、消費者がラベルにそれを表示することによって彼らが食べようとしているものの起源を知る権利を持っているので食物の即時位置を可能にするすべての市販食品のバーコードを要求することです。さらに、それは、家禽、豚および家畜の摂食を監視して感染を減らし、ならびにヒトおよび獣医学におけるすべての抗菌剤の不必要な使用を排除することを提案している。

ミカンは出荷停止、イチゴも一騒動…韓国、日本産果物に“照射”!? 無断栽培、第三者譲渡…次に危ないのは「動物」か (10月 2019).