米国カリフォルニア州パロアルトのスタンフォード大学医学部の科学者によって開発された新しい技術は、5人の女性の卵巣の誘導に成功しました。 一次卵巣機能不全 - 胚珠を生産する。これらの女性の一人はすでに健康な赤ちゃんを産み、もう一人は妊娠しています。

研究者によって「活性化」と呼ばれてきた技術 in vitro'またはVATは、卵巣 - またはその一部 - を抽出し、それを治療し、そして患者の卵管の近くに再移植することからなる。その後、卵胞が成熟する卵胞構造である卵胞の成長を促進するためにホルモンが女性に投与されます。

一次卵巣機能不全の女性は、40歳以前の早期閉経があり、赤ちゃんを産みたい場合は卵子提供に頼らなければなりません。しかし、以前の研究では、これらの患者はまだ始原一次および二次卵胞を持っていることが観察されていたので、月経周期がなくても、この新しい実験技術で治療することができます。

まだ実験段階にあるこの新しい技術は、化学療法や放射線療法の治療によって引き起こされた早期更年期障害の女性にも役立つ可能性があります。

日本の川崎医科大学セントマリアンナ校の研究者は、平均37歳の女性27人を対象にした研究を行い、平均6.6年間月経を止め、胚珠を得ました。受精のために成熟した in vitro5つの場合彼は彼の仲間の精子でこれらの胚珠を受精させました、そして、4つの胚は凍らせられて、後で子宮に移しました。

新しい治療法は実験段階にありますが、研究の著者らはそれがさらに調査されることを望み、おそらく化学療法または放射線療法治療によって引き起こされる早期閉経のような他の不妊の原因を持つ女性でテストできると信じています。