スペインの呼吸器外科学会(SEPAR)は、睡眠時無呼吸低呼吸症候群の影響を受けている人には、少なくとも6時間連続気道陽圧(CPAP)装置を使用しなければならないと警告しています彼らが眠っている間、彼らの症状を改善しそしてこの病理に関連する死亡率を減らすために。

そして、この装置によって気道の閉塞を逆転させることが示された有効性にもかかわらず、最大40%の患者が4時間以上治療を完了することが困難である。

患者の40%が4時間以上治療に従うことが困難

影響を受ける人々が睡眠中に使用するCPAPは、マスクを通して連続的な空気を供給し、トラックが閉じるのを防ぎます。このようにして、彼らはますますよく眠るので、高血圧のようなこの障害に関連する他の病状を改善することに加えて、日中の眠気およびその結果、心不全、脳卒中および虚血性心疾患。

呼吸器専門医のJoséCorderoは、ブルゴスで開催されたXV睡眠障害コースの枠組みの中で、ほとんどすべての慢性疾患に影響を与える治療の遵守の欠如が睡眠時無呼吸の場合に悪化すると述べている。治療は特に壮観です。」

主な困難は、騒音、不眠、口渇、鼻炎などの鼻の不快感、さらには閉所恐怖症、さらには装置の使用を引き起こす不安です。

したがって、SEPARの呼吸器専門医およびその他の呼吸器系医療専門家は、その結果として罹患率および死亡率が増加し、さらに医療費が増加するため、治療への順守を改善する方法を分析および調査することに同意した。

具体的には、患者が6時間以上の治療を受けると生存期間が延びることを示すいくつかの研究があることを忘れないでください。さらに、心不全または脳卒中などの関連する病状を患っている場合、治療の正しい順守は入院率および死亡率を低下させる。

出典: ヨーロッパのプレス