西洋文化から、遠く離れた場所から来るものすべてを好奇心を持って見るのが普通です。それは私たちのやり方とは異なります。 オフロ 日本の伝統的な浴室.

理解するべき最初の事は精神性が浴室に関して異なっているということです。西部の世界では、清潔さの瞬間は一般に独特の衛生の必要性に反応します - あなたがリラックスするために風呂に入ることを望む時を除いて。一方で、日本の文化では、シャワーを浴びる前の瞬間とそれに運命づけられているものの間に違いがあります。 リラックスする、瞑想し、日常生活の喧騒について忘れてください。

小さな子供連れの家族の場合、通常、ofurosは一緒に行われます。 家族の絆を強める そして子供の衛生状態を保ち、日常生活を休ませる。

日本人が伝統的に彼らの生活を維持することができた場所は3種類あります。 浴室文化:

  • おふろ(お風呂)

    西洋文化とは異なり、スツール付きシャワーとバスタブ(オフロ)のあるバスルームはトイレとは別の部屋にあります。この主な理由の1つは、ofuroでリラックスしようとすると、専用のスペースがその目的のために生み出す平和を必要とするということです。最初に以前のトイレがシャワーで行われ、それから彼らはofuroでリラックスします。

  • 銭湯

    それは日本でオーロのための十分なスペースがないそれらの家で使用される代替手段です。それらは参加者が性別に従って入り口で分離し、脱衣して水に入れられないタオルのみを服用しなければならない公衆トイレです(通常は頭の上に置くことです)。各地域内では、40℃の水だけでなく、冷たいお湯、さまざまなバスソルト、アロマなど、さまざまな臭いがする可能性があります。自宅でのofuros。

    一部の人々にとっての利点は、彼らがその場で見つけた社交的効果であり、それは結局集会所でもあることになる。西洋文化と衝突する一つの側面は、入れ墨をしたりピアスをしている場合、その使用は多くの場所で許されないということです。

  • 温泉

    それらは温泉と同等であり、日本ではおよそ2,000人がいると推定されています。彼らは通常ミネラル塩が豊富な天然温泉を利用するので、その含有量に応じて、それらは異なる利点を提供することができます。屋内と屋外の両方があり、後者は 'rotenburo'として知られています。温泉では水の最低温度は25℃でなければなりませんが、習慣的なことはそれが40℃であるということです、それはオフロの完全な熱のポイントです。使用方法や規格は銭湯のそれと似ています。

日本の入浴習慣 (株)アイセン (10月 2019).