落とす それは関節内の尿酸結晶 - または尿酸塩 - の蓄積に起因するリウマチ性の病状であり、それは四肢、特に足や手または関節(肘など)の炎症および痛みを引き起こす。 。今、新しい研究はちょうどこの病気を 先輩 17〜20%の増加 発症リスク 認知症.

痛風はいつ発生しますが 尿酸値を上げる 血中では、高尿酸血症を持つすべての人がこの病気を患っているわけではありません。特に家族歴がある場合、男性でより一般的です。痛風の治療は、これらのレベルを下げることに基づいていますが、尿酸が脳に保護効果を及ぼすと考えられているので、それらを減らしすぎることはお勧めできません。

痛風と認知症との関連は、高齢者、黒人、女性、およびより高い医学的共存症を有する人々において増加した

以前の研究では、痛風が認知症を患う可能性がより高いことに関連していると指摘している人もいるが、反対の意見を肯定している人もいたため、ある矛盾が見られた。著者の一人であり、アラバマ大学バーミンガム校(米国)の医学疫学教授であるJasvinder A. Singhが説明しているように、この新しい研究は発表のリスクがかなり高いことを発見しました。 痛風を伴う高齢者の認知症.

痛風、高齢者における認知症の独立した危険因子

研究者らは、そのうち65,325人が認知症を患っていた123万人のメディケア受給者(健康保険)のデータを分析し、痛風は他の交絡因子、例えば他の病気の存在、薬の消費など。協会はまた、高齢者、黒人、女性、そして医学的共存症が高い人々でも増加した。

欧州リウマチ学会(EULAR 2018)で発表された調査結果にもかかわらず、Singhはそれを研究し続けることが必要であると警告しました 尿酸と認知症の関係そして、どれがこのリスク増加に関与する病原性経路であるかを見出すことと同様に。

高齢者に肺炎球菌ワクチンは要らない?東洋医学専門 町田の鍼灸院 (10月 2019).