自殺 15〜29歳の若者では、 第二の死因 世界保健機関(WHO)のデータによると、このグループでは。両親、教師、未成年者、および機関の反映を求めるべき数字。最近の研究で、10人に1人がそのようなことを示しているほど スペインの大学 持っている 自殺念慮がありました 昨年、19人に1人が彼のやり方を想像し、166人に1人が自分の命を奪おうとしました。

雑誌の光を見ている調査では、 自殺と生命を脅かす行動5つのスペインの大学、バレアレス諸島大学(UIB)、ポンペーファブラ大学(UPF)、バスク地方大学(UPV-EHU)、ミゲルエルナンデス大学(UMH)、およびUniversity of Universityから2,118人の学生にアンケートが行われましたカディス(UCA)。

その結果、大学生の10%が 自殺念慮 昨年は、成人の自殺者数の3倍から4%のデータが2倍以上増えました。この研究の主要著者であるMaríaJesúsBlascoは、この隆起の主な危険因子はストレスや不安の発作、他の精神障害や気分、人の家族的側面に苦しんでいる、または罹患したことがあると述べています過去12ヶ月間の性的暴行。

研究の著者の一人であるJordi Alonsoは、大学生が自殺念慮のリスクを積極的かつ早期に発見することが重要であることを強調しています。研究によると、たった0.6%が多くの死を避けようとしました。

大学生の10%が自殺念慮を持っていますが、0.6%だけがそれらを実行します

大学の1年目は最も難しいです

しかし、これは学生の心理的問題の唯一の科学的証拠ではありません、別の研究では、大学生の31.4%がいくつかを持っていたことがわかった 精神障害 彼らの研究の最初の年の間に。このデータは、ドイツ、オーストラリア、北アイルランド、ベルギー、スペイン、南アフリカ、そしてアメリカの大学からの1年生13,984人の学生へのインタビューの結果です。

著者らは、3人に1人の大学生が1年目に何らかの種類の精神障害を経験し、5人に1人がこのような状況を引き起こしたと説明している。 学術開発における諸問題、社会的関係でそして仕事で。この研究によると、特にその人が大うつ病、パニック障害または不安を抱えている場合、20.4%の症例が重度の障害を引き起こしています。

「人の視線が怖い」 恐怖は外で起こっているのではなく自分の中で起こっている (10月 2019).