座りがちな - 世界保健機関(WHO)によると、心血管疾患、肥満症または2型糖尿病などの非伝染性疾患の増加を支持することが近年増加していることもまた、罹患の危険因子である 老年期の脆弱性。ただし、この問題を最小限に抑えることで、この問題を回避または軽減できます。 毎日27分 中程度または活発な身体活動.

これは、カスティーリャ・ラ・マンチャ大学およびトレド大学のVirgen del Valle病院で行われているCIBER Fragility and Healthy Aging(CIBERFES)の研究者による研究の結論であり、749名の高齢者のデータが分析された。座りがちな時間と虚弱さの出現との間の関連性が中程度から活発な身体活動によってどの程度調節できるかを決定するために403人の女性および346人の男性)。

座りがちなライフスタイルの虚弱さへの悪影響を相殺するのに必要な中程度の激しい身体活動時間は、1日当たり27.25分であった

これらの個人の中等度から活発な間の身体活動、およびそれらが座りがちなままでいる時間は加速度計で測定され、脆弱性は7つのパラメータを含む脆弱性特性尺度で評価されました。強さ、努力への抵抗、神経系、血管系と歩行速度。

座りがちな生活様式の悪影響を補償した身体活動

データの統計的分析の結果、座りがちな行動が虚弱さの発達に及ぼす悪影響を相殺する中程度の激しい身体活動のポイントは、1日当たり27.25分であり、その後は座りがちなままであった。人々は虚弱の外観に大きな影響を与えません。

で公開されている作品の作者 アメリカ医師会協会誌と説明している 動き続ける 高齢者が虚弱症候群に罹患しているリスクに(積極的に)(負に)重大な影響を及ぼし、したがって、彼らは同様に高齢者の運動の練習が奨励されることを助言しました活動的でない高齢者の座りがちな生活様式を減らすのを助けるあらゆる活動として。

Dominion (2018) - full documentary [Official] (10月 2019).