ほとんどまたはひどく眠っている 動脈内のコレステロールの蓄積、それゆえ心血管疾患の形成の危険性を高めます。で発表されているPESA研究(初期無症候性アテローム性動脈硬化症の進行)-CNIC-サンタンデールからの研究者、 アメリカ心臓病学会誌。

具体的には、 彼らは一日6時間以内に眠ります それらは、7〜8時間以内にそうする人よりもアテローム性動脈硬化症を持つ可能性が27%高いです。そして、睡眠が非常に細分化されていて質が悪い人では、確率は良い状態で休んでいる人と比較して34%高くなります。この心臓の危険を防ぐのに理想的なのは、質の良い睡眠で、1日に7〜8時間寝ることです。

アテローム性動脈硬化症は、動脈壁上の脂肪性沈着物およびコレステロールの蓄積によって引き起こされる問題であり、これは狭心症または心筋梗塞の出現をもたらし得る。

これは、睡眠不足と動脈のコレステロール斑の出現とを関連づける最初の研究です。

この研究では、PESA-CNIC-Santander研究の一部である平均年齢46歳の3,974人の銀行職員を分析し、一方ではアテローム性動脈硬化症が眠っている時間数、そして他方では何時間に影響するかを評価しました。睡眠の中断

参加者は4つのグループに分けられました:6時間未満、6〜7時間、7〜8時間睡眠した人々、そして最後に、8時間以上睡眠した人々。彼ら全員は1週間アクチグラフ、すなわち睡眠の特徴、すなわち頻度を測定する装置を使用しました。 夜の目覚め そして睡眠中の動き。同時に、彼らは心臓病を検出するために3D心臓超音波とコンピューター断層撮影(CT)スキャンを受けました。加えて、そして結果をより正確にするために、心臓病の危険因子が考慮された。

睡眠不足、8番目の冠状動脈危険因子

これは、適切な睡眠衛生を守ることの重要性を浮き彫りにした最初の研究です。 コレステロールプラークの形成を防ぐ 人間の有機体の中でそして心臓の中だけではありません。以前の研究は、不眠症または継続的な覚醒が冠状動脈性心臓病の他の危険因子にどのように介入したかを分析し実証した。心臓血管研究センター(CNIC)の心臓病専門医ValentínFusterによれば、冠状動脈の健康に最も影響を与える7つの薬剤(高血圧、高コレステロール、高グルコースレベル、座りがちな生活、喫煙および貧しい食事)を追加する必要があります。第八:睡眠不足。

PESA-CNIC-Santanderプロジェクトは2010年に開始され、それ以来、無症状の血管病変の有病率と進行を検出する目的で、平均46年間で約4,000人のBanco de Santander従業員を研究しています。