スペイン心臓病学会(SEC)の 'RevistaEspañoladeCardiología'は、12,000人以上の患者を対象に行われたスペインの研究を発表しました。その結果、タバコの習慣的な消費が心筋梗塞の主な原因の1つであることがわかります。それはこの障害を患う可能性を6倍にするからです。実際、12月10日に大学病院の臨床研究・疫学部の一員であり、この研究の著者の1人であるエヴァ・アンドレス博士は、「心臓発作を起こした若い患者の約75%が喫煙者 "#:。

「心臓発作を起こした若い患者の約75%が喫煙者です」

この研究では、若い患者で心血管リスクプロファイルが心筋梗塞を患っている他の患者とどのように異なるかを見ることができました。したがって、前者では、危険因子はタバコであり、症例の76.78%に存在し、脂質異常症(血液中の過剰な脂肪)は患者の50.21%に見られる。 46歳以上の人の場合には、危険因子はもっとありますが、より高い割合で:高血圧、患者の47.72%。脂質異常症、35.79パーセントで。の

 

スペインでは46歳未満の人々に起こる心筋梗塞の約90パーセントが男性に起こるので、この研究が示すもう一つの関連する事実は、男性の早発性梗塞の高い有病率です。 Andrés博士によると、これは男性ではたばこと脂質異常症がはるかに多いために起こる、と医師によれば、「今後数年間で男性と女性の間でこれらの比率が平等になる傾向にあるもっと喫煙者です "。

一方、46歳未満の患者における急性心筋梗塞による死亡率は約3%ですが、この研究によると、 次の8年間で再婚の可能性が高まる約13パーセントこの意味で、Andrés博士は、このグループの患者は「梗塞を乗り切る可能性がより高いが、通常は再発するか、最終的には慢性冠動脈疾患を引き起こす可能性が高い」と指摘している。

出典: SEC /ヨーロッパプレス

【日本語字幕】柴静/『穹頂之下』 中国のPM2.5問題ドキュメンタリー (十一月 2019).