その結論がアメリカ心臓協会のジャーナル「動脈硬化症、血栓症および血管生物学」に発表された新しい研究は、血液型が人が心血管疾患を発症する危険性を決定するときに影響することを明らかにします。

血液型A、B、ABおよび0もRh陰性または陽性である可能性があり、他の人から血液を受け取る必要がある場合、異なる特性を持つことは不適合を生じます。まあ、これらの違いは個人が冠状動脈の問題を抱える可能性にも影響するようです。

心臓イベントを患うリスクが低い人は血液型0の人、そしてこのタイプの病状を発症する可能性が最も高い人はAB型の人です

0以外の血液型を持つ人々は、血液型が0である人々より25%高いレベルの第VIII因子 - ウィルブランド(血小板の接着に必要なタンパク質)のレベルを持つことがすでに知られていました、そしてこの高濃度のタンパク質は心血管危険因子を構成する。

この研究の著者らは、20年以上にわたり、30歳から75歳までの62,073人の女性と27,428人の白人の男性を、彼らが持っていた血液型との関係を分析するために管理しました。これらのボランティアとこの時期に発症した心血管疾患。

彼らは、心臓イベントを患う危険性がより低い個人が血液型0の個人であり、反対にこのタイプの病状を発症する可能性が最も高いのはAB型の個人であることを検証することができました。グループ0のリスクと比較して、グループBのリスク(11%高いリスク)、グループAのリスク(5%高いリスク)が続きました。

他の研究では、血液型Aを動脈内の血栓の出現を助長するより高レベルの悪玉コレステロール(LDL)と、またAB型群を正しい機能に影響を与えるより高レベルの炎症マーカーと関連させています。血管の。これはまた、個人が自分の血液型に応じて提示する心血管リスクの増加を説明する可能性があり、新しい研究の著者らは現在確認しています。

医学部講義 急性冠症候群(心筋梗塞、不安定狭心症)の特徴的な胸痛?冠動脈の病理で理解する虚血性心疾患、プラーク破綻、血栓、心臓カテーテル、突然死から学ぶ。令和2本目 心臓専門医 米山喜平 (十一月 2019).