おしゃぶりを使ったり、親指を長く吸ったりすると、子供の言語発達が損なわれることがあります。これらは、チリのリハビリテーションクラブ・デ・レオネス・クルス・デル・スールのクラブの研究者チームによって達成された結論です。そして、彼らは吸い込み行動の間の関係を評価しました。ラ・パタゴニア(チリ)出身の未就学児128人における3〜5歳の言語障害。

「Biomed Central Pediatrics」誌に掲載されたこの研究の間に、科学者たちは両親から乳児の授乳行動に関する情報を集め、おしゃぶりを使った子供たちが話していることを発見しました。あるいは、彼らが3年以上指をしゃぶったのは、言語発達に合併症を示す可能性が3倍高かったのです。彼らはまた、子供が少なくとも9ヶ月歳になるまでボトルの使用を遅らせると、後で言語障害を発症するリスクを減らすことを観察しました。

これらのデータによると、Clarita Barbosaは、母乳育児とは無関係に、吸引が幼児の言語の正しい発達にとって有害で​​あり得ること、そして最近の数十年で研究の結果を考慮に入れることが必要であると断言しますおしゃぶりや哺乳瓶の使用を拡大しました。