ここ数年は、消費の変化を意味してきました 野菜飲料。農林水産省のデータによると、過去15年間で牛乳の摂取量は絶えず減少しています。2004年にはスペインでは1日当たり90.35リットルの牛乳を飲んでいました。つまり、私たちは年間20リットル少ない牛乳を飲むことになります。

その理由は複数あり、それが未消化の食品であるという消費者の認識 - 業界で好まれることがあるビジョン - を含んでいます。 軽い - 乳糖不耐症および乳タンパク質に対するアレルギーの診断(そして、しばしば自己診断)の増加、野菜起源の食品に基づいた食事療法に従う消費者の数の増加...

過去数十年の朝食のスタードリンクだったものの人気の喪失に直面して、野菜飲料はミルクに代わるものとしてそれらの場所を見つけました:売上高は毎年8%増加し、2017年には私たち一人ひとりがほぼこれらの製品の5リットル。

どんなスーパーマーケットの棚も私たちを提供しています 野菜飲料の品種 ナッツ(アーモンド)、マメ科植物(大豆)、フルーツ(ココナッツ)またはシリアル(米、小麦、スペル、オートムギ)で作られています。私たちは鳥の実を飲むことさえできる(はい、人間の消費のために)。

数年間、大豆はこのタイプの製品の主な成分でしたが、表彰台での地位を維持し続けていますが、オートミール飲料の競争はますます激しく、栄養的には異なりますが好評を博しています消費者の間で。

オート麦ミルクは存在しません、それはオートミールの飲み物です

1年あまり前に、欧州連合裁判所は、野菜製品は「牛乳」、「クリーム」、「バター」、「チーズ」または「ヨーグルト」と呼ぶことはできないと判断しました。レギュレーション1234/2008およびレギュレーション1308/2013(廃止および代替)では、次のように述べられているため、驚くことではありません。 乳製品 それらはもっぱら牛乳(乳房分泌として理解される)に由来し、そしてホエー、クリーム、バター、チーズ、ヨーグルトまたはケフィアのような名前は乳製品に使われることができるだけです。

しかし、いくつかの伝統的な宗派については例外が設けられており、スペインでは「アーモンドミルク」という名前がこのナッツを使った飲み物に認められています。私たちの国では、残りの野菜飲料は「牛乳」とは呼ばれず、「飲み物」と呼ばれています。 オートミールドリンク.

野菜ジュースは野菜の代わりになるのか?【管理栄養士が解説】 (10月 2019).