座りがちな 高コレステロール血症、高血圧、糖尿病など、特に高齢者では、十分な運動をしないとこれらの問題の結果として死亡する可能性が高い疾患の危険因子となっています。で発表された新しい研究 予防医学のアメリカジャーナルは、高齢者の座りがちな生活様式のレベルに従って、心血管の病理による死亡の危険性を分析しました。

調査は、65歳以上の成人2,657人の参加を得て、マドリッド自治大学(UAM)、CIBER of Epidemiology(CIBERESP)およびIMDEA Food Institute(スペイン)のメンバーによって行われました。彼らは2年間の間に彼らの日々の活動と彼らが座って過ごした時間についてのアンケートに記入し、その後彼らは彼らの死の原因を知るために9年間の信者でした。

高齢者が過ごす時間ごとに心血管死のリスクが6.4%増加します

その結果、座りがちな生活習慣のレベルが低い人は、 33%が死ぬ可能性が低い 心血管疾患、座って過ごした時間のほとんどを過ごした人と比べて。さらに、著者の1人であるDavidMartínez-Gómezによれば、高齢者が十分な運動をしていれば、この割合は48%リスクが減少することがわかりました。

この研究によると、高齢者に座って過ごす時間ごとに、心血管系の問題、脳血管疾患、虚血性疾患および急性心筋梗塞に関連する原因で死亡する可能性が6.4%増加しました。この研究の主著者であるVerónicaCabanas-Sánchezは、座りがちな生活習慣であることから、高齢者が椅子から立ち上がって活動的でいるよう奨励することの重要性を強調しました。 3歳児における心血管危険因子他の研究によると、それはまた子供や青年期にある可能性があります。

時代精神: 補遺 (Zeitgeist: addendum) (10月 2019).