ハーバード大学(米国ボストン)の公衆衛生学部のメンバーによって実施された研究で、ジャーナルに発表された ブリティッシュメディカルジャーナルすなわち、パピローマウイルスに対して女の子だけに予防接種をすること、またはワクチンの投与をすべての青年期以前に拡大することのコストと利益が比較されます。

2006年にヒトパピローマウイルス(HPV)に対する最初のワクチンが承認されて以来、このウイルスは多くの国で子宮頸癌の症例の大多数を引き起こすので、それは異なる自治コミュニティの予防接種カレンダーに含まれています。スペインを含む

生殖器疣贅の原因でもあるこの感染が性的に伝染することを知って、研究者はそれが男性にも予防接種をすることによって感染の危険を減らすかどうか知りたがっていました。

その結果、男性にも予防接種をしても品質と価格の面での利点は増減しないことがわかりました。したがって、この研究によると、男性にも予防接種をすることは意味がありません。

重要なのは、子宮頸がんの80%以上が危険な人口のアクセスが非常に限られている発展途上国で発生しているため、世界中の思春期前の女の子が予防接種を受けていることですワクチンに。

専門家がなぜ予防接種を推奨するのか

スペイン小児科学会は、2008年の予防接種カレンダーにHPVワクチンを紹介し、最初は11歳から16歳までのすべての女児に予防接種を推奨しています。専門家が未成年者に予防接種を申し込む理由は次のとおりです。

  • コンドームを使用しても感染を完全に防ぐことはできません。
  • 性交が早く始まると、感染する可能性が高くなります。
  • 10代の若者は、成人女性よりも感染しやすく、慢性化します。
  • このワクチンは、成人よりも15歳未満の子供に有効です。
  • 青少年や成人よりも子供の方が予防接種カレンダーを順守しています。