ベクセロワクチン、それに対して幼児を保護します 侵襲性髄膜炎菌性疾患(EMI)は現在3 + 1レジメンで投与されているが、異なる投与ガイドラインが評価された最近の研究のデータを検討した後、EMA(欧州医薬品庁)が承認した。 投与スケジュールの短縮この場合、ワクチン接種は3ヶ月齢で始まり、最初の投与と2回目の投与の間に最低2ヶ月の間隔があります。

GSKワクチンの上級副社長兼最高医療責任者であるThomas Breuerは、ワクチン接種サイクルを完了するために必要な投与量を4回から3回に減らすことを述べています。 幼児を保護する B型髄膜炎による感染同様の免疫応答を得ることは、子供にとってより簡単な新しい選択肢であり、そしてまた費用を削減する。

赤ちゃんの生後1年の間にBexseroの投与回数を減らすことは予防接種スケジュールの順守を支持する

2 + 1レジメンによるワクチン接種の勧告を採用する前に、ブラジル、スペイン、ハンガリーおよびペルーで調査が行われ、そこでは健康な乳児におけるワクチンの異なる投与パターンが分析された。 3ヶ月齢から。 Santiago大学病院の小児科サービスの責任者であり、研究の主な著者であるFedericoMartinón-Torresは、最初の1年間は線量が減るので、予防接種スケジュールに従うことがより簡単になるので、コストが削減される関連し、そしてそれは予防接種カレンダーに薬を含めることもより利用しやすいです。

髄膜炎菌性疾患B、まれですが深刻な

B型髄膜炎、またはB型髄膜炎による浸潤性髄膜炎菌性疾患はまれな病理であり、主に罹患する 5歳未満の乳幼児そしてそれは深刻になり、そしてその進化は急速であるので、たった24時間で死さえ引き起こしさえする。その最初の症状はインフルエンザの症状に似ている傾向があり、そのため診断が容易ではない場合があります。

10人中1人の患者が適切な治療を受けても死亡し、疾患を生き残った人々の約10%が重要な身体的または神経学的後遺症、例えば四肢の喪失もしくは聴覚、または発作を有すると推定されている。ワクチンを受けた患者が経験する最も頻繁な有害反応に関しては、注射、下痢、頭痛、関節や筋肉の領域の腫れや痛み、疲労感や悪寒があります。