妊娠中のカフェイン消費 リスクが高まる可能性があります。 子供は太りすぎです 将来的には、50,943人の赤ちゃんとそれぞれの母親が妊娠から子供が8歳になるまで追跡調査された後にノルウェー公衆衛生研究所で達した主な結論によると。

ジャーナルに掲載されている研究を実施する BMJオープン女性たちは、コーヒー、ソフトドリンク、紅茶、チョコレートなどのカフェインの消費量についてのアンケートに回答しました。これにより、消費量に応じてそれらを4つのグループに分けることができました。低、1日当たり0〜49 mg。培地、50〜199mg。 200から299 mgと高い - 妊娠中の女性のためのほとんどのガイドラインは1日あたり200 mgを超えないように勧めます - そしてそれらが300 mgを超えると非常に高い。

妊娠中に任意の量のカフェインを摂取すると、子供が将来太りすぎになる可能性が高まります

この研究の結果は、任意の量のカフェインを摂取することと 子供は3歳から5歳の間に体重が増える。評価された女性の合計のうち、46%がカフェイン消費量が少なく、中間で44%、最高で7%、そして最高で3%のグループに入りました。

世界保健機関(WHO)が推奨する最大量である、1日当たり300mgを超えるカフェインを母親が摂取していた子供たち 3〜12ヶ月齢で体重が83 g増加、最初の3年間で最大136 g、3〜5年間で最大320 g、8歳になったときは最大480 g。

より多くのカフェインを消費する妊娠中の女性もそうです

この研究は観察的なものであり、因果関係を抽出することはできませんが、カフェインが可能であると思われるため、研究者らは関連性を確信しています。 体や胎盤の組織を素早く移すそして妊娠中は体から非常にゆっくりと消えます。以前の研究はすでにこの物質を中絶に苦しむより多くの可能性と赤ちゃんの体重の問題に結びつけていました。

研究者らはまた、カフェインをより多く飲む30歳以上の女性に対応する妊娠中の女性のプロファイルを定義し、もう1人の子供は1日あたりのカロリー摂取量が多く、喫煙の素因が大きい。さらに、研究によると、彼らは通常低い教育レベルを持ち、妊娠前に肥満を持っていました。