甘いソーダ 彼らは、肥満や2型糖尿病などの代謝性疾患の危険因子と考えられており、研究グループCiberobn de Medicina Preventiva-Navarraによって行われた新しい研究は、このタイプの飲み物を飲むことが頻繁に増加することを明らかにしました発症リスク 乳がん の間に 閉経後.

で発表されている新しい研究では、 European Journal of Nutrition1万人を超える女性のデータが分析され、平均9.9歳の追跡調査が行われました。募集時の年齢の中央値は33歳で、乳がんを患っていませんでした。

試験期間中に、100例の乳房腫瘍が診断され、この疾患の発生率は、乳がん患者の間で有意に高いことが観察された。 清涼飲料水を定期的に摂取している閉経後の女性、これらの飲み物を飲まなかった人と比較して。

砂糖漬けの飲み物の摂取は、乳房組織の細胞の増殖を促進し、腫瘍細胞の増殖を促進する可能性があります

この研究の結果はオーストラリアと米国で行われた以前の研究で得られたデータと似ていますが、研究者達は彼らの発見を確認することはより大きな縦断的なテストを行うために必要であると警告しました。

砂糖は腫瘍細胞の増殖を促進する

この研究で見つかった関連性についての考えられる説明の1つは、これらのソーダに含まれる糖が のレベルの集中​​を高める インスリン 血中、そして直接乳房組織の細胞に。実際、これらの飲料の摂取が乳房組織内の細胞の増殖を促進し、そして腫瘍細胞の増殖を促進することができるいくつかのメカニズムがある。

さらに、より高濃度のインスリンは、アンドロゲンの末梢性転換を促進するであろう。 エストロゲン 閉経後の段階にある女性において、そしてこの場合の遊離循環エストロゲンの濃度の増加は乳癌を発症する可能性を増加させることが知られている。

川島なお美の死にとんでもない事実判明!国立がんセンターから緊急発表が... (10月 2019).