一部の人は負けます 話す能力 のような病気の結果として 脳卒中 または 筋萎縮性側索硬化症(ALS)頭蓋骨の動きや頭の動きでコンピュータのカーソルを制御して文字を選択したり単語を形成したりすることで、コミュニケーションを支援するインタフェースが現在ありますが、これは遅いプロセスです。彼らは毎分約8語を書きます)そして患者のために学ぶのは難しいです。

現在、カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)の神経科学者によって開発された新しい技術的インタフェースは、 流暢にコミュニケーションする能力 音声装置を作動させる脳の信号を解読してこの情報を提供する装置のおかげで 音声シンセサイザー それはスピーチを作り出す。

頭蓋内電極はてんかん患者の脳活動を記録するために使用されます。クレジット:UCSF
この技術を開発するために行われた研究では - ジャーナルに発表されています - 自然 - 5人が参加しました 患者さん てんかん 治療の一環として一時的に脳内に埋め込まれた電極。これらの電極は発声装置を作動させる信号を記録し、科学者たちはこれらの人々に、これらの信号を解釈する方法を学ぶために何百もの文章を声に出して発音するよう依頼しました。

それらは声道の動きを引き起こす信号を解読する

研究者によって記録されたフレーズは彼らが(顎、喉頭、唇および舌の)声道のそれぞれの動きを引き起こした脳の信号を解読するシステムを設計するのを助けました。このツールは可能でした 口頭言語を合成する それは、脳が伝えたいことと正確に一致しました。

脳神経外科の教授であり研究の共著者であるEdward Changは、発話の制御に関与する領域で起こる脳活動のパターンが声道の動きを調整する責任があると説明し、それが彼らが開発を決定した理由有能な技術 言葉を再現する それらのパターンから直接。

この新しいシステムは、会話を失った人々がコミュニケーションをとる速度を速め、通常の口頭のリズムに似ています。

この新しいシステムでは、それが大幅にスピードアップします。 発言を失った人々インパルスと音によるフレーズの再現の間に時間の経過があるけれども、それらが毎分約150語で発音される通常の口頭言語の流れに似ています。 Chang氏は、この技術を使用する唯一の要件は、患者の脳内の言語中心が無傷であることであると付け加えた。

作業は準備段階ですが、結果はそれが可能であることを示しています 完全な文を生成する それは、個人の脳活動に基づいており、利用可能な技術を用いて臨床的に実行可能な装置を開発することができるので 神経障害 この容量を損なうことなく、個人の声に基づいて一種の補綴物を使ってコミュニケーションをとることができます。

デビッド·アイクは、字幕付きポイントEP9を接続する (10月 2019).