欧州生殖・胚発生学会(ESHRE)生殖生物学および医学への興味と理解を確実にする責任があり、アルコールを過剰に飲んで欲しくないかできない女性に生殖補助治療を受ける可能性を否定することを提案したところです。あなたの消費を抑える

同じように、彼らは病的肥満を持つ女性に妊娠可能性のプロセスを開始する正当な理由以上の理由があるべきであり、そして生殖補助を適用することは生活習慣を変えるというコミットメントを伴うべきである、胎児に害を及ぼす可能性のあるリスクの明らかな証拠、または治療が明らかに負の費用対効果のバランスを示すという明確な証拠があります。

具体的には、病的肥満に関して、妊娠糖尿病のリスクは、太りすぎの女性では2倍、病的肥満の女性では最大8倍まで増加します。ある種の先天性欠損症の伝播率は80%高く、心血管異常を患う可能性は通常の3倍です。

タバコ、アルコール、不妊

タバコに関しては、喫煙者の不妊の可能性は非喫煙者の2倍であり、妊娠するまでに時間がかかり、妊娠中絶のリスクが高くなります。出生時体重の低さや乳児の突然死は、タバコの使用に関連した他の合併症です。

アルコール摂取は流産や妊娠率の低下などの影響をもたらす可能性がありますが、最も深刻なものは、身体的および精神的な障害から行動上および学習上の問題まで、胎児アルコールスペクトル障害として知られるものに含まれます。