ヨーロッパ選手権のXIV版が間もなく、特に6月8日から7月1日の間に開催され、今年はスポーツ競技会がウクライナとポーランドで開催されます。このイベントの際、スペインの保健当局は、予防接種の必要性に関する世界保健機関(WHO)の勧告を思い出し、はしかのように登録されている疾病の拡大を避けるために適切な予防措置を講じることを望んだ。最近これらの国々で新しい発生があります。

ウクライナでは、予防接種率が低く、伝染病の蔓延を助長しています

事実、フランスの外務省が市民に、はしかの予防接種を受けるためにヨーロッパ選手権に参加するつもりであると警告してから1ヵ月以上が経ちました。この病気の何千もの新しいケース。問題は、この国では予防接種の適用範囲が乏しく、伝染病の蔓延を助長することです。欧州伝染病対策センターによると、おたふく風邪、風疹、ジフテリア感染の危険性もあります。

2011年末までのポーランドでは、2010年と同様の麻疹が多数検出されていますが、予防接種が不十分な場所に旅行すると、この病気に対する予防接種を受けていない人々が感染する危険があります。

したがって、これらの国に旅行するつもりで、はしかを患ったことがない、または予防接種を受けたことがない人は、予防接種を受ける必要性について医師に相談することをお勧めします。あなたの年齢と医学的禁忌の可能性を考えてください。

スペインの保健当局は、妊婦、高齢者、慢性疾患や免疫不全症などのリスクグループにいる旅行者にもインフルエンザワクチンを推奨しています。

に対するワクチンに関して 脳炎 ダニによって伝達されて、同じ筋はそれが必要でないことを示しました、なぜならヨーロッパ選手権のサッカーの試合が開催される都市で伝達の危険がないからです。

出典: 保健省