ツーリズム 最大4倍の有害性があります。 環境 研究者のグループ、オーストラリアのシドニー大学のメンバーが、160カ国から収集したデータを1年半にわたって分析する研究を行った後に得られた結論によると、考えられたことのうちの1つ。

研究成果がジャーナルに掲載されました 自然気候変動の8% 排ガスまたは温室 世界で起こることは観光、航空機によって引き起こされる汚染、ホテルの空調、ガソリンのレンタカー、さらには小さくて典型的なお土産の創出に由来します。そして食べ物や飲み物の購入。家畜部門に起因するものと同様の割合。これまで、この影響は2.5から3%の間であると考えられていましたが、現在のデータでは4倍になります。

アメリカは観光による汚染が最も多い国で、次に中国、ドイツ、インドが続きます。

調査の推定によると、2013年に世界の観光客は45億トンのCO2に相当する温室効果ガスの排出を引き起こし、その年の全世界の排出の約8%を占めた。そして状況が続く場合 観光のカーボンフットプリント 2025年までに40%以上(約6,500百万メートルトンのCO2)に拡大する可能性があります。

米国は、次の点で研究リストの先頭です。 観光による汚染続いて中国、ドイツ、インド。これらの二酸化炭素排出量の大部分は、同じ国内で発生する旅行によるものです。モーリシャス、モルディブ、セイシェル、キプロスでは、国際的な観光が国の温室効果ガス排出量の30%から80%を占めています。

観光業による二酸化炭素排出量の削減

この研究の研究者の1人であるYa-Yen Sunは、研究で観察された結果の後、汚染の12%を占めるので、特に航空業界ではより多くの税金が炭素に適用される可能性があると述べている。 。

そのために、国連の世界観光機関は2つを提案しました 状況を逆転させる方法そのうちの1つは旅行者が彼らの旅行のために彼らの家に近い目的地を選ぶということです、そしてもう1つはできれば公共交通機関を使うことです。さらに、観光産業の悪影響を考慮に入れ、パリ協定などの将来の気候変動への関与に含めるべきである。

ZEITGEIST : MOVING FORWARD 時代の精神 日本語字幕 CC版 (10月 2019).