大多数のウイルスと同様に、罹患している人々を治療するための効果的な特別な治療法はありません。 ニパウイルスによる感染。経口および静脈内使用のための抗ウイルス薬であるリバビリンを用いた研究が行われているが、死亡率の低下に関してある程度の成功を収めているが、それが本当に有効であると結論づける十分な証拠はない。別の抗ウイルス薬であるファビピラビルは、ハムスターモデルで有望な結果を得てテストされていますが、ヒトではまだテストされていません。

したがって、重要なのは支持療法であり、通常は適切なレベル4の隔離対策を施した集中治療室で行われます。 ニパウイルス感染症の治療 必要に応じて換気補助、必要に応じて抗けいれん薬、適切な水分補給状態を維持するための血清療法から成ります。二次感染が発生した場合は、現地のガイドラインに従って抗生物質療法で治療する必要があります。

ニパウイルス感染予防

いくつかの有望な研究が進行中であるが、ニパウイルス感染を予防するための有効なワクチンはない。それがそれが不可欠である理由です 養豚場の監督と監視 その労働者を保護するために、適切な安全対策を施したその後の焼却で病気の豚を犠牲にします。さらに、これらの農場および食肉処理場の労働者は、最終的な感染を避けるために世界規模の衛生基準に従わなければなりません。

もう一つの基本的な対策は、飛んでいるキツネが彼らの糞でそれらを汚染しないように、そしてしたがって彼らの樹液を汚染しないようにナツメヤシを保護することです。さらに、これらのヤシの木から集められた樹液はそれが存在するならばウイルスを破壊するために煮沸されなければならない。日付は消費の前に洗われ、皮をむかれるべきです。コウモリに噛まれているという兆候のある果物は食べてはいけません。

人の間でニパウイルスの拡散を防ぐ 感染症の人々の世話をするときや訪問するときは手を洗うことが重要です - これは他の多くの病原体による感染を避けるための普遍的な予防措置です。あなたはニパウイルスに感染した人の分泌物と接触するべきではありません。衛生的な環境では、医療従事者への感染を防ぐために適切な隔離対策を講じなければなりません。サンプルの操作は訓練を受けた要員が行わなければなりません。

脳炎 (10月 2019).