からのデータを分析した研究 イギリス医学ジャーナル 10歳から24歳までの子供や若者の死亡の半分以上が交通事故や暴力によるものであることを明らかにしました。

この研究では男女間の違いも観察された。若い男性の場合、死亡の52%は交通事故、溺死、火災、自殺、暴力および戦争によるものであり、死亡の27%は感染症と21%の慢性疾患。

女性の場合、33%が感染症で死亡し、30%が怪我で死亡し、22%が慢性疾患で死亡し、そして残りの15%が母親の状態により死亡した。

しかしながら、研究の著者が指摘するように、これらのデータは、このグループの主な死因はHIV / AIDSのような病気であると考える世界中の保健大臣が持っているビジョンと矛盾します。

この調査はまた、サハラ以南のアフリカや東南アジアなどの地域で、若者の死亡の大部分が低所得の貧困国で発生したことを明らかにしています。

これらのデータを考慮して、世界保健機関(WHO)は、怪我の結果としての若者の死亡数を減らし、適切な予防策を確立することを目指しています。

岡田斗司夫ゼミ12月23日号「『風の谷のナウシカ』予習講座&英国式ホラー小説を宮崎駿のマンガ+プラモデルで楽しみ尽くす!」 (10月 2019).