ビタミンD欠乏症の妊娠中の女性は、このビタミンが正常なレベルの女性と比較して、帝王切開で出産する可能性が高くなります(17%)。これはアメリカの研究者によって行われたいくつかの研究によって示されました。 ボストン大学医学部 (BUSM)と ボストンメディカルセンター (BMC)

これらの研究の著者らは、2年間にわたる母体血清中のビタミンD濃度と帝王切開の有病率との関係を分析し、逆の関連性を観察しました。すなわち、妊娠中の女性のこのビタミンの濃度が低いほど、帝王切開分娩をする可能性が高くなります。

このビタミンの機能は骨へのカルシウムの通過を促進することであり、そしてそれが十分な量で存在しない場合、カルシウムは骨に到達せず、それは弱まりそして不可逆的に変形し始める。それはくる病、彼らがその開発中にビタミンDの不足に苦しむとき、特に子供たちを襲う病気です。くる病はビタミンDの発見でほぼ消滅しましたが、ビタミンD欠乏症は現在先進工業国で広まっています。ビタミンDの毎日の必要量は1000-1500mgです。

新生児特発性頭蓋内出血の予防には、 経口ビタミンKシロップ剤が有効である。 (○or×) (10月 2019).