コペンハーゲン大学の研究者グループは、体の免疫システムが立ち上がるためには、血中に適切なレベルのビタミンDが含まれていること、そしてその一部であるT細胞ができないことが不可欠であることを発見しました十分なビタミンDがない場合に活性化します。なぜなら、病原菌と戦う前に、T細胞はビタミンDを得るために受容体を活性化し、必要でなければT細胞が活性化するからです。 、彼らは行動することはできません。

T細胞は、バクテリア、ウイルス、ある種の有毒物質などの人体を攻撃する外部病原体と戦う機能を持っています。彼らの使命を実行するために、彼らは侵入する病原体に参加してそれらを破壊するために増殖します。一旦活性化されると、これらの細胞はまた、免疫系によるその後のそれらの認識のために病原体の特徴を保存する可能性を有する。

カルシウム吸収などの過程や、骨粗鬆症、癌、多発性硬化症などの疾患の予防におけるビタミンDの決定的な役割は科学者たちはすでに知っていますが、今までのところ免疫システムの機能への重要な貢献は知られていませんでした。 。 Geisler教授の意見では、この発見は感染や世界的流行との闘いに貢献し、新しいワクチンの開発や自己免疫疾患の治療に役立つ可能性があります。

宗像久男先生『先端栄養療法で、やっぱり日本から、がんは5年で消滅する!?』 統合医学医師の会公開講演会ワールドフォーラム2011年10月連携企画 (10月 2019).