「どこで暮らすのか」ということは、老年期を迎える人々にとっての問題となっています。その多くは扶養家族であり、病気に苦しみ、社会生活を失い、家族との接触が仕事や子供から離れた何キロかに限られています。子供たちのか、特別養護老人ホームに行きます。しかし、2015年に年金受給者民主同盟(UDP)が作成した「UDP年長者報告書」に示されているように、彼らの多くが孤独に対するこれらの解決策に満足していません。 0から10までの高齢者の異なる住宅の選択肢を重視する人々を退職させた。平均して、彼らは住宅に住んでいるという選択肢に4.5のスコアを与え、子供や親戚の家に住んでいるのに4.4のスコアを与えた、すなわちどちらも高齢者の承認を得ていない。レポートによると、このような状況の観点から、以前のものよりもより価値のある代替手段が登場しています。 シニアコハウジング.

シニアコハウジングとは何ですか?

60年代にデンマークの若者たちのグループは、 協同組合に住んでいる、住宅を購入したり借りたりする必要はなく、すべての住民に共通の一連のサービスを提供します。共同住宅というこの概念は、米国によって拡張され、ヨーロッパに到着し、スペインで実施され、そこで高齢者の間で特別に受け入れられています。だからこそ、シニアコハウジングという概念が生まれました。

シニア共同住宅は、共同住宅で共存する方法ですが、独立住宅です。各居住者、または協同組合は、毎月1回の支払いをしますが、家賃や住宅ローンの制度ではありません。 共通経費食品、調理、清掃、共用エリアの維持管理などこの支払いにより、個人は個人の家に住み、生活を楽にする一連のサービスを楽しむ権利を持ちます。

シニア共同住宅はどのように発展しますか?

第一歩は特性、必要性、協同組合の一員となる協同組合員の数、そして土地が将来の居住者によって所有されているかどうかを考慮に入れて、家の建設です。それを買うか、それは市の市庁舎の休憩です。これに応じて、共同住宅の一部になるためのコストは高くなったり低くなったりしますが、それはそれらのうちのどれにも財産ではないという考えから常に始まりますが、 譲渡契約または使用権 民法によって規制されています。したがって、家は協同組合の所有物です。

個人の居住権が利用可能になると、それが協同組合の法令で定められていれば、個人またはカップルが住むことができます。 共通サービス 住民に与えられる権利最も一般的なものは次のとおりです。

  • クリーニングと洗濯
  • 食べ物
  • レセプション
  • 図書館やゲームルームなどの一般的なレジャーエリア。
  • ジムやプールなどのスポーツの一般的な分野。
  • ダイニングルーム
  • 基本的なヘルスケア
  • 緊急サービス

協同組合の組合員は全員、協同組合の一員として自宅にいながら、これらのサービスを享受するための同じ権利を享受します。彼がそれをさまざまな原因(個人的な理由、病気など)または死によって動機付けられたままにすることを決心すると、それは彼の後継者によって受け継がれ、そしてそれ故に新しい協力主義者が出現する。

しかし、協同組合は、その住居で購入する権利もあります。両当事者が使用権の売却に同意する場合、協同組合は、待機リストを考慮に入れて割り当てることができる新しい協同組合員の使用権の価格を示す協同組合となります。

シニア共同住宅は誰にとっても手頃な価格ですか?

私達が見たように、この共同住宅の選択は行くことができる毎月の支払を含む一連の費用を含みます 500〜900ユーロ そして最初の貢献、家の特性、土地のコスト、受けたサービスと協同組合員の数に依存する合計。

確かに、一部の退職者の年金にはあまり手ごろな価格ではない場合がありますが、この支払いですでに基本的なニーズを満たしており、場合によってはそれほど基本的ではない24時間の援助で。週7日そのため、平均的な年金またはある種の私的退職保険を受けている場合、シニアコホーミングは住居よりも安くて快適な選択肢です。

法律事務所や高齢者にとってより手ごろな価格にするために、そしてまた彼らにとって十分に役立つためにこのタイプの住居によって提供される選択肢を研究している会社があります。この例として、とりわけ、将来の協同組合の所有者が協同組合の管理人によって借りられている現在の家をあきらめ、彼が共同住宅の毎月の費用を支払うという可能性が検討されている。