の間に咳をする 子宮頸部生検 このタイプの婦人科検査中に経験する痛みを迅速かつ経済的に軽減することは、局所的なリドカイン麻酔薬の注射と同じくらい効果的です。

それで雑誌に掲載された研究は言います 産科婦人科ジャーナル、ウィーン大学医学部(オーストリア)で行われた。この調査中、最大68人の女性が子宮頸部生検を受け、子宮頸部から採取された細胞を分析する方法である、Pap検査またはPap塗抹標本とも呼ばれる異常なPap結果を評価しました。

無作為に基準を選択した後、何人かの女性はリドカイン(より毒性の低い局所麻酔薬の1つ)の注射を受けましたが、他の人は生検の時に咳を強要しました。研究者らは、咳をすることは、時間を節約しコストを削減しながら、小さな介入で痛みを軽減するための良い方法であることを見出しました。

子宮頸部生検

子宮頸部生検は子宮頸部生検とも呼ばれ、子宮のサンプルを採取し、後で癌細胞や他の問題について調べるための検査です。つまり、その目的は、悪性になる可能性がある子宮頸癌または異常な細胞変化の存在を検出することです。感染症や炎症などの非癌性の症状もあります。

生検は、組織のサンプルを採取するたびに穿刺のように感じることがあり、その後にけいれん感を生じることがあります。膣からの出血は検査後1週間以内に起こることがありますが、性交や子宮頸部の治癒を可能にするためのタンポンの使用を避けることをお勧めします。

経鼻内視鏡検査の進め方/鼻から.jp (10月 2019).