言語 それは食べたり、飲み込んだり、話したりするのに最も重要な筋肉器官であり、一般に強い耐性を持っています。しかし、その位置のせいで、食物をこすったときにかなり痛みを伴う傷をその表面に作り出すことがあるが、噛む間にそれが咬傷を被ることは不思議ではない。

不本意な咬傷は、しかしながら、舌が直面することができる唯一の問題ではありません。 さまざまな原因による痛み;ほとんどの場合心配しておらず、必要に応じて簡単に対処できるような条件。 健康上の問題の症状 もっと深刻です。

他の人がより深刻な健康上の問題の症状であるかもしれませんが舌は様々な原因のために痛みがあるかもしれません

知りたいのなら なぜあなたの舌が痛いのか、私たちはあなたに答えを与えます:

ツグミ

普通のことは、私たちの生活の中で、誰かが、ある時点で、普通は舌よりも強い赤の境界線に囲まれた小さな白い潰瘍を、舌の上に着けていることです。食事や会話の時に。

専門家は眼科の出現の正確な理由を確認することはできませんが、その出現の主な要因はストレスです。

その外観を説明する正確な原因はまだ知られていません、しかし専門家はそれをストレスと、そして女性の場合にはホルモンの変化と関連付けます。これらの潰瘍は伝染性ではなく、ほとんどの場合、それらは時間の経過とともに一人で消えますが、それらが再発する場合は、医師に相談することをお勧めします。

ヘルペス

通常は唇の外側に現れますが、ヘルペスが舌の中に飛び込むのは難しくありません。それは口内炎と混同される可能性がありますが、これらとは異なりあなたは原因、ウイルスを知っているので、それは伝染性です。実際、それは非常に伝染性があるので、キスしたり、メガネを共有したり、他の人と道具を食べたりしないなど、細心の注意を払うことをお勧めします。

口唇ヘルペスが時々舌に現れ、大きな痛みと不快感を引き起こします。

時には医師はその治癒を促進し、痛みを軽減するために抗ウイルス薬を処方することができます。

カンジダ症

この場合、我々は真菌感染症について話します。免疫系が口、喉および消化管に存在するこの真菌の成長を止めることができないとき、かなり痛みを伴う黄色がかった白っぽい眼を舌に出現させることができます。カンジダ症は、この弱点がまさに制御なしで繁殖するために真に利用されているものであるため、乳児および免疫システムが弱まっている人々においてより一般的である。

カンジダ症は、免疫系が弱い、または発達していない乳児や小児でより一般的です。

カンジダ症の改善と治療のために、医師は通常抗真菌薬を処方します。

舌炎

舌炎は、通常、食物アレルギー、セリアック病、または特定のビタミンまたはミネラルの欠乏などの他の健康問題の症状として現れる、舌の急性または慢性の性格の炎症です。舌炎の結果として、舌は炎症を起こし、その表面に、通常は側面に、非常に痛みを伴うことがある小さな病変として現れる。舌炎に由来する他の症状は、話すだけでなく、食べ物を噛んで飲み込むのが難しいことです。

それは通常、舌炎の主な症状、疼痛を引き起こす側面の小さな病変として現れる。

舌炎にはさまざまな種類があるため、その治療法は現在の患者さん、およびその原因となった原因によって異なります。

やけど症候群

口内炎としても知られている、灼熱口症候群は、主に舌の先端および側方領域に見られる(舌の他の領域にも及ぶことがあるが)、刺痛、刺痛、しびれ、かゆみおよび灼熱感を指す。そしてそれは何ヶ月そして何年にもわたって続き、症状の強度が変化し、そして摂取された食品の味が変化することさえあります(もう少し苦い メタリック).

口灼熱感症候群の原因となる原因の一つは喫煙です。

灼熱口症候群の出現は、その原因を知ることは必ずしも容易ではありませんが、喫煙、ストレス、いくつかの薬や治療、糖尿病、甲状腺の問題、胃食道逆流、食物アレルギーなどの病理に関連しています。貧血一度診断されると、この状態と戦うための治療は、患者が彼らの言語で苦しむ痛みの強さとそれを引き起こした原因に依存するでしょう。

口腔がん

ほとんどの場合、これまで見てきたように、舌の痛みは深刻な症状である必要はありません。ただし、しこり、痛み、または一種の パッチ 消えない赤や白、そしてその初期の段階では傷つけられないことさえあるので、腫瘍が口腔内に現れることがあります。

2週間以内に消えないしこりや傷に気づいたら、専門医を訪ねることをお勧めします。

したがって、専門家は、2週間以内に消えていないしこりや傷が見つかったら、すぐに医師や歯科医に相談して大きな問題を除外するよう勧めます。

【人体改造】スプリットタン実践動画♪セルフでやりたい方へ♪痛みと血液少なめです(笑) (10月 2019).